2014年06月26日

クロダルマ2014AW展示会に行ってまいりました。

kurodaruma_logo.jpg

クロダルマ2014AW展示会に行ってまいりました。
数年前はダメージ加工の作業着やブルゾンなど若者向けに攻めてるイメージがあったクロダルマも最近はオーソドックス路線の様です。

IMAG0127.jpg

IMAG0128.jpg


各社、近年防寒ベストが伸びているようで、クロダルマさんからもいくつか新作があがっていました。
より動きやすくというニーズが強まっているのですな。

IMAG0125.jpg


去年からユニフォーム業界の流行がアルミ蒸着。
裏地などの生地にアルミのメッシュ柄をプリントすることにより、衣服内の輻射熱で薄くても温かいというものです。
それが今年は金色に!!!
金色はより反射率が高く、より温かいということらしい。これは金ではなく、アルミに黄色を混ぜたもの。
それにしても派手ですね。

IMAG0122.jpg


最後は裏起毛のスウェットパーカーのつなぎ。
これは部屋着にぴったり。おしり部分がジップで開閉します。
IMAG0121.jpg

ピンぼけも残念ですが、首部分もなんとも残念。
これは、インナーという位置づけのため、ジップをあまり上まで持ってこれないという事情があったそう。
部屋着にぴったりすぎてチームウェアには全く向かないのが悲しいところ。



にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

FRUIT OF THE LOOM の夢、再び。

FRUIT OF THE LOOM

5月3日、Tシャツ業界に衝撃的なニュースが流れた。
GILDANがanvilを8800万ドルで買収したという。
今後、同社はGILDANをバリューゾーン、anvilブランドをハイエンドゾーンと位置づけ展開していくらしい。
そして早、2ヶ月、衝撃的ではあったものの、ここ日本のTシャツプリント屋にとってほとんど影響無いのであった。
とはいえ、円高の昨今、無地Tシャツの市場での売上はGILDAN、anvil共に好調らしいのだ。
GILDANはアジア規格の薄手Tシャツが、anvilはオーガニックコットンが、またヘビーも根強いファンがいて売れているようだ。

そんな中、アジア規格を投入し、復活をとげたアメリカンブランドがある。
それがかって一世を風靡した「FRUIT OF THE LOOM」なのだ。
そのタグのトロピカルなイメージからサーフブランド御用達のボディであった。
一時期はプリントスターのトムスも輸入販売をしていたりしていたのだが、日本での正規代理店は無くなっており、並行輸入品のみの流通となっていた。
一度倒産しかけて立ち上がって以降は、特に本国以外では下着のブランドとしてのイメージが強い。
実際本国以外ではTシャツは数色しか展開していない。
着心地にこだわり、タグレス化を進めた為、オールドファン離れに拍車がかかった様な気がする。

さて今回のアジア規格、6色4サイズと寂しめの展開ながらも、昔ながらのタグも復活で気になる人も多いようです。
4.8オンスのミドルオンス帯で白か黒のボディをお探しなら、選択肢にいれてはいいのでは?


にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

Dickies 2012

dic_2011_01.jpg

Dickies 2012
Dickiesが来年からよりオシャレに変身するらしい。
Dickiesといえば弊社でも画像のつなぎなど時たまチラチラっと注文のある米国の代表的ワーキングウェアブランドでございます。
去年まではMaximumでパンツの取り扱いがあったのですが、今年からは取り扱えるのが上記つなぎとキャップ
、バックと寂しい状況になっていた訳です。
並行輸入品も無いわけじゃないが、アイテム数も限られるため、あまり売れていません。
そんな中、今年、そのDickiesの日本法人ウィリアムソン・ディッキー・ジャパンが設立されて、来年からは現在ビッグジョンが持っているライセンシーを引き継ぐという情報が入ってきた。
今後、ワーキングウェアの展開がどうなるのか、気になってきになって仕方がないので、先日、展示会へ行ってまいりました。

DickiesはC.N.Williamson と E.E.Dickieのいとこが1918年に始めました。
1922年に現在の社名に変わり以降、40年代の第二次世界大戦時には米陸軍の制服を生産し、50年代にはテキサスの石油労働者向けにワークウェアを生産し、そのシェアを伸ばしてきました。
そのDickiesが日本で注目されるようになったのは90年代後半のスケーターブーム。
先ずは、米国のスケーターの間でそのタフさや動きやすさが注目され、日本にも飛び火したのです。
思い起こせば、私も全くスケーターでもなんでも無いにもかかわらず、自分の横広の足にぴったりな事からスケーター用のスニーカーを愛用したものです。
さて、そんなスケーター世代も30代をとっくに超えてる訳です。
次期DickiesJapanはそんな彼らを中心ターゲットにより若い世代へのアパレルブランドとしての認知を広げていくとのこと。
当面は日本発信のデザインを日本はもちろんのこと、アジア全域を視野に入れて広めていく方針。
ゆくゆくは米国、ヨーロッパへ逆輸入の形でファッションブランドとして展開したいとのことだ。

展示品をみるとトップスががらりと変わっているのがわかる。
今まで、まだ無骨さが残ってたと思うのだが、すっかり柔らかくなってしまった。
どんな感じかというと、こんな感じ。ご覧アレ。
ディッキーズ、日本法人設立パーティー開催 新作ファッションショーも
ちなみに現行のデザインはこちら
http://dickies-jp.com/

こちらは洗いのかかったボーリングシャツ。
裾上の2本ラインは油性シルクによるもの。
裏の刺繍が邪魔でしょうが無いって思ったのはプリント屋の性か?
dickies-11-thumb-467x700-62763.jpg


さてさて、結果を申しますと日本法人によるワーキングウェアへのアプローチはしばらく無いとの事。
設立したばっかりで社員も少ないらしく、しかたあるまい。
また作業服がらみのOEMは現行から変更はないとのことで一安心。

それでも、まとまった案件だと動いてくれそうな感じなので、これから作業服をお考えのご担当者様、ぜひともご相談くださいませ。

にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

楽天で販売されているcrocsの70%が偽物らしい。

BISTRO_M_BLK_PAIR.jpg

楽天で販売されているcrocsの70%が偽物らしい。
とはcrocsワークシューズ担当者の弁で、類似品含めてなのか、どの範囲で言ってるのか分からないのでアレなんですが、とにかく偽物が氾濫しているわけです。

そんな中、弊社もクロックスの取り扱いを始めるのです。
もちろん正規品でございます。
ただし、ワークシューズに限定なのですが。

立ちっぱなしの仕事でも疲れにくいと人気急上昇中。
弊社だとお仕事用のTシャツというとラーメン屋さんや居酒屋さんが多いのですが、画像のビストロを是非ともご一緒に購入していただきたい。
そういう現場では長靴がユニフォームだったりするかと思いますが、長靴タイプも現在企画中とか。
それまでは下のインソールもおすすめです。
silversoftinsole_M_NAVY_PAIR.jpg

銀が練りこんであって消臭効果もある一品。

こちらなら、イベントなどの際、革靴やスニーカーにも使っていただけます。

クロックスワークシューズ
http://www.origin-infinity.biz/crocs.html
クロックスとは?
http://www.origin-infinity.biz/crocs2.html

にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

Soberry 2011 まだまだあったドメスティックブランド!

doc20110207142754_001.jpg

Soberry 2011 まだまだあったドメスティックブランド!
作業着メーカー桑和が運営するブランクボディカタログ。
同社の主力商品はオーバーオール(つなぎ服)ということで、Soberryにも掲載されています。
プリントショップのツナギ服の定番がこちらのカタログの商品なのです。


今年流行のデオドラント、実はこちらには3年ほど前から出ておりまして、それがこのヘビーウェイト51021。
51021.jpg

消臭糸ではなく、消臭テープが脇に縫い付けてあります。
タグはfruit on the roomと同様にプリントタグを採用。
タグで首が痒くなる人にお勧めします。
型番はガールズは51022、キッズは51023とサイズで変わります。
なお、ポロシャツにも消臭テープ付の商品があります。

本当は電子カタログをアップしてから紹介したかったのですが、なかなか毎回データをいただけないのです。
そのうちアップしますので気長にお待ちください。



タグ:Soberry

にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

UNDER ARMOUR 第二の皮膚

underarmourlogo.jpg

UNDER ARMOUR 第二の皮膚
実は米Hanes brands傘下の「UNDER ARMOUR」なのです。
現在もCEOを務めるKevin Plankが1996年に興したスポーツウェアアパレル。
大学でアメフトをやっていたkevinは、汗で重くなりベトつく綿のTシャツを不快に思っていて、「選手の能力を最大限に発揮できるような、もっと高機能なウェアを開発したい」と決意をしたのであった。
そして試行錯誤のうえに生まれたのが「UNDER ARMOUR」
当時、現在の日本のやわらかいTシャツが主流だったら、「UNDER ARMOUR」は生まれてなかったかもしれませんね。

さて、弊社の吸汗テストでもズバ抜けて良好なUNDER ARMOUR。
弊社の様なプリント業者からみても台からズレにくく、乾燥も早い為、扱いやすいTシャツです。
価格は高機能な分、高いのですが、ブランド料を多大に含む他スポーツブランドに比べればかなり安いかも。

日本では1998年より株式会社ドームが日本総代理店になり、一般的なスポーツブランドとは違ってスポーツ用品代理店やスポーツ用品店を経由しない販売展開で徐々に売り上げを伸ばしていきます。
現在ではスポーツによっては大会の指定ブランドになるなど、説明の必要がないブランドとなっています。

弊社でもずっと仕入たかったTシャツなのですが、ドームさんに断られまして、その人気を指をくわえてながめていたのです。
この度、ようやく日本企画の5種に限り取り扱いが可能になったのです。

MTR3443 UAヒ-トギアショートスリーブTシャツ
MTR3013 UAテックヒートギア ショートスリーブTシャツ
MCM3423 UAヒートギアコンプレッション ロングスリーブモックTシャツ
MGF3055 UAパフォーマンスポロ
MGF4166 UAピケエクセルポロ

の5種。
価格に関しましては要問い合わせなのですが、先ほど楽天でMTR3443を検索しましたところ、その最安値くらいでは販売できそうです。

それぞれのアイテムの特徴は改めてご紹介します。

MTR344
mtr3443top.jpg

タグ:UNDER ARMOUR

にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

LA発信のストリート系ブランド「RELEASE」

releaseb.gif

LA発信のストリート系ブランド「RELEASE」
前回のIFFでサンプルが展示されてた「RELEASE」がようやく出荷が始まりました。
Maximumのボンマックスがアパレルユース向きに展開する新ブランドです。
といっても、元々はLAの4人のデザイナーがコラボレートして始まったブランドで、2001年に1度日本にも上陸済み。
池袋サンシャインで行われたブランドお披露目の展示会は大変好評だった様です。
地元アートプロジェクトで知り合ったそれぞれバックグラウンドの違う4人が共同で興したブランドで、ロゴの4つの矢印は4つのパワーを表しています。
ただ、バックグラウンドのそれぞれ違う4人が集まった事で意見が対立する事が多くなりブランドは休止してしまいました。
現在はメンバーのEric Wollamはスケートボードのデザイン、Andrew Hinkleyは「Forever 21」や「Lucky Brand Jeans」のデザイナーなど、4人それぞれ別々に活動しています。

今回はブランクボディでも日本で人気の高い「American Apparel」や「Alternative Apparel」と同様にLA発の新興ブランドということで「RELEASE」に白羽の矢が当たったのだと思います。
LA発のストリート系ブランドに古き良きカルフォルニアのこだわったTシャツというイメージを加味して今後展開していくようです。
また、販路もこだわってMaximumとは全く違った方向で広げて行くとの事。

8812.jpg

こちら本来お客様に見せる資料ではないのですが、今回はさわりのみという事でこちらをご覧ください。
実物も届いてますが、なかなか特徴的な良いTシャツたちです。
おいおいご紹介しますのでお楽しみに。
タグ:Release

にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

BEES BEAM

beesbeam.jpg

BEES BEAM
「TRUSS」や「Cross Stitch」を運営するフェリックのスポーツラインが「BEES BEAM」です。
ガンガンに機能性素材の商品はありませんが全体的にシンプルながら良好なシルエットの物が多いです。
インフィニティに「スポーツジャケット、ジャージ」のメニューを追加したので、ご紹介。
新商品のアスレチックジャケットとパンツをアップしました。
カジュアルに着るにはちと厳しい感じではありますが、これまたシンプルながらもスポーツを選ばないデザインのジャージではないでしょうか。

その他の「BEES BEAM」
タグ:BEES BEAM

にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

HAKUI

hakuit.jpg

HAKUI
ZUCCAの小野塚秋良氏がセブンユニフォームと協業した飲食店用ユニフォームブランド。
来年で20年目を迎えるというから、既に老舗ブランドといえる。
ユニフォームとファッションブランドのコラボは特に珍しくは無くなってきているけれど、ほとんどは単発だったり、短命に終わる事が多い。
これだけの長きにわたり続いているという事はそれだけ多くの人に愛されているという事です。
小野塚氏曰く、「JAZZの様な服を作りたかった。」という事で、綿素材を中心とした、普段着の延長線のようでありながらも、高級感のあるユニフォームとなっています。

毎年新作が追加されていて、t.1からt.7までの定番は現在、「HAKUI BASIC」として提供されています。
現在のカタログはt.19で、カタログもユニフォームらしからぬ格好良さです。
なおt.19のカタログはインフィニティにもアップしていますので是非ごらんください。

hakui.jpg


HAKUIは専用ページが用意されていて直販をやっているので残念ながら価格はご提示できませんが、もちろん弊社でも取り扱い可能です。

HAKUI http://www.hakui-shop.com/
t.19 http://www.origin-infinity.biz/catalog/hakui/hakui.html

にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

「CAP & HAT」帽子専門のブランクボディブランド

01.jpg

「CAP & HAT」帽子専門のブランクボディブランド
久しぶりのブランド紹介のような気が。
帽子専門のブランクボディブランドの「CAP & HAT」をご紹介。
といっても大阪のメーカーとしか知らないので、特にこれといった情報はお伝えできないのです。
あまり有名ではありませんが、多くのブランクボディや作業服メーカーがOEM採用しているいので、実のところかなり目にする機会の多い帽子なのです。

帽子というアイテムはマーキング部分の大きさが限られる為、プリントや刺繍がそんなに高くないので、市販品と比較してお値ごろ感のあるオリジナルが作成できます。

電子カタログもアップしたので是非ご確認ください。

インフィニティには今まで帽子を載せていなかったので、正直あんまり帽子のお仕事をいただいてないのですが、なぜかOTTO(当ブログ未紹介)が一番売れています。
そちらもそのうち紹介します。
タグ:CAP & HAT

にほんブログ村 ファッションブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

posted by インクジェット at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。